【アイアンの打ち方】を右肘と水平素振りで修正

ゴルフ練習
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は久しぶりのレッスン

自分では、まあまあ調子いいけど

スエーが直っているか心配

上に伸びていないか

また同じところを注意されるかなぁ

でもなかなか直らないよのよねぇ

と思っていたら

コーチ
コーチ

右脇が空いているから
肘をお腹につけるようにバックスイングしてみて


とスエーのことには全く触れず

右肘の位置を直されました

スエーは直ったのかな

何も言われないけど(^^;

とにかく

また新しい課題が増えた・・・

その後、もう一つ

コーチ
コーチ

水平の素振りをやってみてください


と、水平の素振り

3段階に分けてやるように言われました

(1)肩の高さで水平に振る

(2)少し下げて水平のイメージで振る

(3)そのままのイメージでスイング


コーチ
コーチ

アイアンを打つ時に脇が空いて
タテ振りになってましたよ

そうかこれが原因か

ここ最近

ドライバーとウッド

気持ちよく飛んでいたのですが

アイアンだけ飛ばなくて

特にコースに行くと

練習場の7割ぐらいしか飛ばないのです

コーチいわく

ドライバーとウッドは長いから

自然と横ぶりになって大丈夫なんだそう

いつも同じようにやっているつもりでも

なぜか変わってきちゃいます

今日教わった練習方法で

アイアンが飛ぶようになるといいけど

しばらくこれで練習してみます

最後までお読みいただきありがとうございました