【ショートパット】はどう打つか決めたら迷ってはいけない

ゴルフ練習
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.5M~2Mのパッティングは

「この距離上手だね~」

と褒めてもらえるのに

ショートパットは

30センチでも外すことがよくあります

特に下りのショートパットは難しい

ここからはコーチに教えてもらった話です

傾斜でのショートパットは

しっかりピンを超すように強めに打つか

ピッタリ入るように弱めに打つか

打つ前に決めなければダメ

なんだそうです

ピッタリ入るように弱めに打つ時は

最後が切れるので大きめに読み

強めに打つ時は

大きく切れないので

ピッタリの時より浅く読む

上手く使い分けることが必要だそうです

そして

ここで大事なポイントは

どう打つか決めたら

迷ってはいけないそうです

【PR】

私のパターは

打つ時にどう打つか

決まっていないので

しっかり決めたほうがいいと言われました

パターは本当に難しいです

プロの試合でもないので

あまり時間をかけることもできません

瞬時に決めなければいけません

この瞬間的な判断も

ゴルフの技術の中で

大事なんだろうなぁと思います

最後までお読みいただきありがとうございました